向島幼稚園

最新情報

幼虫さんこんにちは

幼稚園の玄関フロアが科学のお部屋になりました。
運転手さんが、大切に育てているカブトムシの幼虫を子どもたちに見せてあげようと、学校の先生の出前授業のような時間を作ってくださいました。
土の上にぷりんぷりんした幼虫を並べてもらうと、「うわぁおっきい!」と驚いたり、顔を近づけてどんどん土にもぐっていく様子を観察したり、「ちょっときもちわる~」と、後ずさりする子どももいました。
勇気を出してツンとつついてみたり、運転手さんの手の上の幼虫の背中をなでなでしたり、両手ですくい上げてみて足の数を数える子もいました。

2022-05-18
幼虫さんこんにちは

この栄養のある土を食べていることやコロンとした豆を細長くしたようなかたまりがウンチだと知ると、色々なことにより興味を持って、さなぎや成虫のことなど、沢山教えてもらっていました。運転手さんにお礼を言って「幼虫さん、おやすみなさい」と、バイバイすると土の中へ戻っていきました。成虫になるまでの道のりは、あと2~3カ月。楽しみです。

2022-05-18
おかあさん なあに ♪

5月の第2日曜日は母の日でした。
素敵な一日でしたでしょうか?子どもたちは4月の中頃から、大好きなお母さんのことを思い浮かべ、プレゼントを作りました。
年長児はカラフルなフォトフレーム
年中児はポップなペン立て
2歳児はカーネーションのタペストリー
そして、3歳児は参観日にいらっしゃた時、『おかあさん』のうたをプレゼントし・・・ ワクワク背中にかくしている “お顔つきカーネーション” を「いつもありがとう」と、手渡ししました。大喜びのお母さんにハグしてもらったり、感激の涙を見せるお母さまもいらっしゃいました。
子育て真只中のお母さま方にとって、お子さまからのこ心のこもったプレゼントは何よりも癒される世界にひとつの宝物になったのではないでしょうか。

2022-05-13
おかあさん なあに ♪

ばら1組 参観風景

2022-05-13
おかあさん なあに ♪

ばら2組 参観風景

2022-05-13
ぐんぐんタイム

清々しい5月、この日は夏も近づく八十八夜でした。
毎月初めには、園児が集まり、行事について話をきいたり、月の目標を確認し合う『ぐんぐんタイム』をしています。
音楽に合わせて、リズムあそびをしました。みんな手拍子が揃った時は、誰もが気持ちよさそうでした。

2022-05-02
保育参観がありました

進級組、年長・年中クラスの保育参観日を分散型で実施しました。
新しいクラスになって、友だち関係もかわりました。担任の先生も初めましてのパターンが多く、保護者の皆様は、心待ちにいらっしゃたことと思います。
わずかな時間ではありましたが、日常の保育の一端を、又クラスの中でのお子さまの姿をご覧いただきました。
朝の歌をうたったり、触れ合い遊びをしたり、ジャンケンゲームやリズムあそびをする子どもたちは、いつも通りの姿であったり、ほんの少し照れくさそうだったり、緊張していたり、調子にのってみたりと、色々な表情を見せていました。
「おかあさん」のうたでは、♪な~あに?♪と、お母さま方に歌ってもらい、とても嬉しそうでした。

ゆり1組
ゆり2組
2022-05-02
保育参観がありました
ひまわり1組
ひまわり2組
2022-05-02
もうすぐこどもの日

5月、大型連休に入るとこどもの日があります。5月5日のこどもの日は端午の節句でもあります。子どもたちみんなが、すくすくと元気に育ちますようにとお祝いをする日ですね。子どもの健やかな成長や幸せを祈るだけではなく、お母さんに感謝するという意味もあるそうです。

2022-05-02
もうすぐこどもの日

五色の吹流しも、子どもの無事な成長を願って悪いものを追い払う。かぶとも、身を守る等、それぞれ深い意味があるとのこと。
幼稚園では、真鯉・緋鯉・子鯉をあげ、園庭で遊ぶ子どもたちを見守ってくれていたのですが・・・今日は、初あげ式。年長児が進級して初の共同作業をし作り上げた大きなこいをあげました。

2022-05-02
もうすぐこどもの日

小さい組お友だちも高くあがり、泳ぎ始める鯉に歓声をあげたり、一緒に「こいのぼり」を歌いました。子どもたちみんなが健やかに、幸せに♡

もも組も、元気なこいのぼりつくったよ!

2022-05-02
春のえんそく(年長組)

青空が広がり、小高い丘はクローバーが敷き詰められたグリーンで、ついつい走り出したくなる子どもたち。遠足日和でウキウキが押さえきれないようでした。
新しいクラスの友だちとバスに揺られ、園外へ出かけることは、元々仲良しの友だちから広がりができ、八重桜も残る鴻ノ巣山で春の自然の中で、仲間として少し結びつきが強くなったように感じました。
さあ、年長児のはじける笑顔、躍動的な様子をご覧ください。
これからも、もっともっと仲良くなって一緒に遊ぶ中で、ケンカやチャレンジし失敗で悔しい思いを味わったりすることもあるでしょう。みんなで集えるからこその尊い経験を通し、心も身体も強く逞しく、より仲間としての絆も深まってくることと思います。

2022-04-28
たけのこ

もうすぐ端午の節句ですね。子どもの成長を願う大切な文化です。
園では、子どもたちが筍のようにすくすくと育つことを願い、筍ご飯をいただきました。反応は様々で、「かたいと思ってたけど、やわらかい」「あまかった」「木になるのにやさいなの?」「にくとたべたことある」「いけたわ」等、鮮度の良い立派な筍を調理したので、いっぱい嬉しい声が届きました。

2022-04-26
今年度初のお弁当日

今日から午後保育が始まりました。子どもたちのカバンにはお弁当が入っていていつもより少し重いです。
お友だちと一緒に、新しいクラスでのお弁当です。

2022-04-26
今年度初のお弁当日

3歳児クラスのお弁当の様子です。
初めてのお弁当日、朝一番にカバンから嬉しそうにお弁当を出して、見せてくれるお友だちもいました。
みんなと一緒のお弁当はおいしいね。あっという間に食べ終わり、お片付けも上手にしていました。

2022-04-26
今年度初のお弁当・お昼寝

もも組 2歳児クラスのお部屋も、お家から持ってきたお弁当を嬉しそうに食べていました。
そして、そして、子どもたちのお昼寝の様子はとてもかわいかったです。
お弁当の途中でこっくりこっくり始める子どももいたり、先生に背中をとんとんとしてもらって、スヤスヤ夢の世界へ

2022-04-26
朝登園してきたら・・・

園生活が始まりました。慣れるまでは午前保育で、あっという間ですが保護者の皆様におかれましては、今頃何をしているのかしら、泣いていないかしら、一人ぼっちで遊んでないのでは・・・等々、きっとご心配から長い時間に感じておられるのではないでしょうか。
そこで、園での様子を少し紹介したいと思います。
朝登園してきたら・・・ バスコースの子どもたちは、語らいの小径を歩き、お玄関で「おはようございます」とご挨拶。お歩きコースの子どもたちもお家の方とバイバイをし、消毒を済ませ、園庭をテクテク靴箱まで行きます。大きい組のお兄さん、お姉さんが手を繋いで連れて行く姿は微笑ましいです。
「〇〇ちゃん、ニコニコこれたね」と先生が上靴に履き替えるのをお手伝い。

2022-04-14
朝登園してきたら・・・

保育室ではお帳面を開き、今日は何かな?いちごのシールがいいな!と枠内にきちんと貼ろうと口をとがらせペッタンコ。かばんや帽子はロッカーにしまって、タオルをかけるのはどこだったかな?あーやっとできた。
さあ、先生が作ったあそびのコーナーで、ぼくは積み木、わたしも・・・あっままごとも楽しそうと好きなあそびをみつけて遊びます。
カラー帽子を被れば、園庭にだって出ていいんだって!すごーい。
こいのぼりを見に行くと、きれいなお花「ママにあ~げよ」と八重桜を大切に拾っていました。お砂場のおもちゃもいっぱいあって楽しそう。お兄ちゃんたちは、棒にぶらさがったり、くるくる回ってすごーい。

2022-04-14
朝登園してきたら・・・

朝のうたをうたいましょう ♪せんせいおはよう みなさんおはよう♪ 少しずつ覚えていこうね。
朝のごあいさつをしましょう「せんせいおはようございます。みなさんおはようございます。」
今度はお名前を呼ばれたら元気に「ハイ」とお返事してね。と、朝の集いが続きます。お返事すると、先生とパペットのアンパンマンが来てくれるから、それまでイスに座って順番を待つんだよ。

2022-04-14
朝登園してきたら・・・

えっ、トイレに行こうって声かけられたけど、幼稚園のトイレでちゃんとできるかなぁ?
あ~スッキリ。手をきれいに洗って、タオルはこれだ。だってこのキャラクターが好きなんだもん。
トントントントンアンパンマンの手遊びをしたり、あてっこクイズをしている間に、あらあらもうお帰りの時間?おカバンをさがして、背中に背負うのがこれまた大変。お帳面はまだ小さいから先生が入れてくれるの。

2022-04-14
朝登園してきたら・・・

お帰りの歌も覚えてご挨拶。「あしたも元気にきてね」
今度は上靴から外靴に履き替えて、お玄関に並びに行くとバスに乗るところまで連れて行ってくれるよ。
お歩きコースさんは、お母さんかお父さんがお迎えにきて、手を繋いで帰るよ。
こんな毎日が繰り返され、積みあがっていきます。
先生大好き、この遊び大好き、お友だち大好きになりますように!

2022-04-14
進級式

八重桜も咲き始め、春真っ盛りの進級式の朝。
玄関で新しいカラー帽子受けとり、保育室で担任の先生に名札をつけてもらい、ピカピカ、キラキラのお顔をしていました。
「しんきゅうおめでとう!」と、ホールに集合し、お式の中で教職員の紹介をしました。
進級したばかりの子どもたちですが、明日から一緒に登園する小さい組のお友だちのお世話をすると意気込んでいます。
とても頼もしいお兄さん、お姉さんです。頼りにしています。
だけど、そんなに慌てず、肩の力を抜いてゆっくりゆったり行きましょうね。


2022-04-12
令和4年度 入園式

色とりどりのチューリップが子どもたちの入園を祝っているようです。
空は雲ひとつない青空、幼稚園の制服に身を包みお玄関から花のアーチをくぐる様子は、キラキラと希望で満ちあふれています。2歳児クラスで通っていたお友だち、憧れの制服姿がとても素敵。赤い名札もどんどん似合ってきますよ!
初めての園生活を送るお友だちも、自分ひとりで登園すること、活動の流れを知って少しずつドキドキからワクワクへと幼稚園が楽しみで大好きになること間違いなしです。
新たなかわいい子たちの出会いを私たち教職員も心待ちにしていました。お父さま、お母さま方と手を携え充実した園生活が積み重ねていけますよう、子どもたちが健やかに大きくなりますよう、一歩ずつ歩んで参りたいと思います。
皆様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2022-04-11
第3学期終業式

令和3年度、無事に終了式の日となりました。
ここまでくるのに、色々な思いが交錯しますが、関わってくださいました全ての皆様に感謝の気持ちを叫びたいです。「ありがとうございましたー!!」

子どもたちが集える日常の有り難さをかみしめながら、四季折々健康的な生活のための工夫を積み重ねて参りました。慣れ親しんだクラスの友だちと列を作り、入場する姿にも1年の時を歩んだ成長が伺えました。
進級することに喜びを膨らませる子どもたちに、お別れする友だちと先生がいることも報告しました。
どこにいても強い絆で繋がっているよ。皆、希望を持って春を迎えましょう。

皆様から、心のこもった担任へのメッセージを世界に一つだけのアルバムにしてくださいました。宝物として大切に致します。

ひまわり1組
ひまわり2組
ばら1組
ばら2組
もも組
2022-03-22
第44回卒園式

幼稚園教育課程修了のときを迎えました。入園の頃を振り返りますと、まだまだあどけなかった子どもたちも身体も心も強くたくましくなりました。
一人ひとりが立派に返事をし、目と目をしっかり見つめ終了証書を受け取る姿に胸があつくなりました。

2022-03-22
第44回卒園式

幼稚園生活での数々の経験で、多くのことを吸収し、身につけたり、考え工夫したり、折り合いをつけることができるようになった子どもは、きっとこれからの未来を切り開いていってくれると信じています。
保護者の皆様には幼稚園生活が途切れないためにも健康的な生活を続けていただき、感謝してもし切れない程のご支援ご協力を賜りました。本当にありがとうございました。

2022-03-22
第44回卒園式

ゆり1組、ゆり2組のみなさん そつえんおめでとう!
ときどきは、げんきなおかおをみせてね。ずっとずっと おうえんしています。

2022-03-22
アンモナイトってなあに?

遥か遠い遠い昔、まだ人類も生まれていない古生代中期(約4億年前)にアンモナイトは海に出現しました。そのアンモナイトの化石が今幼稚園の玄関に沢山飾られています。
恐竜が暮らしていたのが、今から2億3千万年ほど前~6,600万年前。人類の誕生は700万年で初期の猿人から進化してきました。生命の歴史をたどると本当に神秘的です。
アンモナイトは巻貝のような形をしているのが特徴で、その渦をなでたり、不思議そうに細かなところを観察したり重さを計ってみたり、まるで考古学博士のような子どもたちです。

2022-03-22
年長児お別れ会

いよいよ幼稚園生活も終わりに近づいて参りました。
年長児を囲んで教職員とのお別れ会は、小さかった頃を思い起こし懐かしくもあり、成長を感じたりと新たな思い出を作る会となりました。
もりもりきっちんからは、いつもより早い時間から、特製ハンバーグのいい香り、スペシャルメニューを皆も、とても楽しみにしていました。元担任の先生とその時の保育室で懐かしい話をしながら、お食事をすることができ、久しぶりの会話の弾むランチタイムとなりました。

2022-03-22
年長児お別れ会

ホールでは、年長の先生からのクイズ「この先生はだれ?」で、特技や趣味などをきくにつけ、幼稚園で見る先生のイメージからは想像がなかなかできず、苦戦することもあり、今更ですが先生たちのことを知った子どもたちでした。
生活発表会での各クラス劇を合体させた『ジャックと人魚姫』の教職員劇では、不意を突かれた子どもたちが、お腹をかかえて笑いころげていました。

2022-03-22
このページのトップへ