向島幼稚園

最新情報

保育参観日&絵画展

「幼稚園のお友だちとは仲良いく遊べているかしら?」「先生のおはなしきちんと聞けているかしら?」
お家の方が楽しみ半分、心配半分、参観にいらっしゃいました。

ゆり組

2021-11-16
保育参観日

朝の集いでうたをうたったり、触れ合いあそびをしているところ、当番活動や出席調べで「ハイ」と返事をしているところ・・・まだまだこれからです。

ひまわり組

2021-11-16
保育参観日&絵画展

リズムあそびやことばあそびをするクラス。パネルシアターを見たり、お弁当やクッキーづくりをしているクラスもあります。どんぐりを使って秋らしい参観日となりました。

ばら組

2021-11-16
保育参観日&絵画展

かいが展では、今の時期にしか表現できない子どもたちの絵を目をほそめて見てくださっていました。

2021-11-16
2歳児 おさんぽ

こんな近くに絶好のお散歩コースがあるのに、行かないなんてありえないでしょ!!と、いうことで、もも組の子どもたちが牛乳パックで作ったマイバックを肩から下げてお出かけです。
2人ずつ手を繋いで「行ってきま~す」と、園庭門から元気いっぱい出発しました。たしか、2列だったはずですが、まぁいいじゃないですか・・・車は通らない道路です。

2021-11-16
2歳児 おさんぽ

カサコソ・カサコソ 落ち葉を踏み踏み歩いて行くと、一面にドングリが・・・。拾ってはマイバックへと忙しそうに入れる子どもたちでした。少し奥へ行くと、今度はまつぼっくりが・・・ついつい歌ってしまします。「まつぼっくりがあったとさ~♪」
まだまだ元気で、ぽかぽかの秋を楽しみました。
自然に列ができたのか、並んで帰ってきましたよ。
「ただいま~!」

2021-11-16
ハロウィンパーティー

「Trick or treat」いたずらをする真似をしながら、お菓子をもらいにぞろぞろ入ってきました。
ハロウィンが近づくと毎年恒例になっています。
キャンディーが足りなくなってあたふたしていると、一緒にキャンディーづくりまで始まり、賑やかになります。いつの間にか、あちらこちらで友だち同士で手作りキャンディーのとりかえっこ。
このような日々が繰り返されます。

2021-11-15
ハロウィンパーティー

この日は、園のハロウィンパーティーの日。バス添乗の先生もいつもとは違います。独創的なカボチャおばけが、朝バス到着と共に降りてくるとびっくりする子もいたようです。園の玄関でも仮装した先生たちが次から次へとお出迎え。

2021-11-15
ハロウィンパーティー

ホールでのパーティーでは、英語の先生と一緒にダンス&ジャンケンゲームをし、本当のお菓子をゲットしていました。

2021-11-15
ハロウィンパーティー

子どもたちも手作りのものを身につけたり、仮装してなりきりマンの笑顔がいっぱいでした。

2021-11-15
年少組のえんそく

3歳児の遠足ですが、探索のように「見つけた!大きな葉っぱ」「あっ青いバナナ」「小さいパイナップルやなあ」「これは虫食べるしこわい」と、何やら博士のようです。
この日を楽しみに、少し前から保育室に地図や写真を貼ってもらっていたので、実物を発見した時にはとても嬉しそうでした。
先生も下調べの甲斐があったというものです。

2021-11-15
年少組のえんそく

温室を出るといい香りの菊の花、色とりどりで美しく並んでいました。
ドングリの木々の下には、宝物がいっぱい。帽子をかぶっているもの、他には、くぬぎやまつぼっくりも・・・。何度もかわいい手の平にのせて見せてくれていました。

2021-11-15
年少組のえんそく

そして、てくてく並んで歩いて行くと花のタペストリー 「ちゃちゃおうじちゃま」のお出迎えを受けました。
シートの上で、今度はお弁当のいいにおい。ポカポカ陽気の中、モグモグほおばる子どもたちでした。

2021-11-15
年少組のえんそく

滝のトンネルも気持ちよかったよ!

2021-11-15
年中児えんそく

京都競馬場「みどりの広場」の芝生は広大でキラキラしています。
遊具も子どもたちに、おいでおいで!をしてくれているようです。

2021-11-05
年中児えんそく

あっという間に高いところまで夢中で登り、すべり台でスリルを味わっていました。

2021-11-05
年中児えんそく

小学生も合流しました。様子をみながら優しく加わってくる1年生の中に、向島幼稚園の卒園児がおり、あいさつに来てくれました。その子の周りに次々に集まってくる同級生は、新しくできたお友だち。
ついつい親心のように、このお仲間と楽しい小学校生活を送っているのかと思うと嬉しくなりました。
ひまわり組の子どもたちも2年後には、こんな小学生になってくれるといいな~と近未来を想像していました。

2021-11-05
年中児えんそく

さてさて、お弁当の時間です。大きな木に見守ってもらいながら、幸せいっぱいのひとときです。友だちと見せ合いっこしたり、写真を撮ってもらったり、秋を感じつつ味わっていました。

2021-11-05
年中児えんそく
2021-11-05
年中児えんそく

パワーを充電した子たちは、芝生でゴロゴロ競争をしたり、リレーをし、まだまだ大はしゃぎでした。

2021-11-05
年長児えんそく

国宝『石清水八幡宮』までの参道は、竹林に朝日が差し込むひだまりルートです。静寂な山道には子どもたちの興味をひくものが沢山あります。見つけるたび声を響かせたり、立ち止まってみたりしながら、男山の山頂を目指しました。
戸外で過ごすのには絶好の今の季節、運動会も経由した子どもたちは、あっという間に登り切ってしまいました。

2021-11-05
年長児えんそく

手水舎で清めた手にはお賽銭の5円玉が…お参りを致します。
日頃のお礼と、特にお願いごとには気持ちが込められているようでした。

地道を踏みしめて歩いた子どもたちにとって、男山レクリエーションセンターでのお弁当は、何よりのご褒美です。

2021-11-05
年長児えんそく

パワーが充電できると、珍しい遊具にチャレンジ。そして堪能し、沢山のお土産話を持ち帰りました。

2021-11-05
年長児えんそく
2021-11-05
おいもさん あった

2歳児の親子えんそくは、バスに乗っておいもほりです。
出発の前に少しの時間、日頃の朝の様子をお母さま方にご覧いただきました。そして、親子での自己紹介タイム。ピアニカ演奏に合わせてランダムに移動し、出会った2組でさあご挨拶「いつも仲良くしてもらってる〇〇です。」「こちらこそ▢▢くんのことお家で話してくれます」と、和やかな雰囲気でした。
幼稚園の砂場で何度も何度もおいもほりごっこをした子どもたちです。本物のお芋が顔をのぞかせた時の嬉しそうな表情…そこからはスピードアップでとてもかわいかったです。
秋晴れで暑いくらいでしたが、戸外で季節を感じ、またバスに揺られて「ただいま!」と元気に戻ってきました。

2021-10-22
おいもほり

軍手をはめて気合が入ると脇目も振らず掘り始めていく年長児。今までの経験の凄さを感じました。ですが、今年のお芋はかくれんぼ上手です。掘っても掘っても、なかなか見つかりません。しかも畑の砂はサラサラで、低い穴へどんどん入り込んでくるではありませんか。
年中児、年少児も苦戦しつつ、先生の手を借りて掘り進めました。それはそれは大きなお芋です。やっと2株のお芋を手にしたときは、皆汗だくでした。さあ、何日で完食できるかしら?

2021-10-22
全力うんどうかい

子どもたち、保護者の方、教職員みーんなが心待ちにしていた運動会。
年長児によるオープニング『鼓隊パレード』では、感激のあまり涙するお母さんもおられました。赤いベストでキリッと気合が入った姿。曲が鳴り、リズムに合ったキラキラポンポンとカラーガードの演技は気持ちを一つにと臨む一生懸命さが伝わってきました。

2021-10-12
全力うんどうかい

入場行進をし開会式では、代表の二人によるかけ声「まちにまった運動会 元気一杯がんばるぞ」のあと全員で「エイ エイ オー!」と、『ちかいのことば』を会場中に響かせました。

2021-10-12
全力うんどうかい

園庭にいろいろなパターンの拍手が響き渡りました。
「頑張って!」のエールの拍手。「素晴らしい」「おめでとうー」の称賛の拍手。
プログラムの最後を飾った5歳児リズミックスまで、当日の様子をわずかですがご紹介します。

2021-10-12
全力うんどうかい
2021-10-12
このページのトップへ