向島幼稚園

最新情報

秋のえんそく in山城総合運動公園 太陽が丘

木々に囲まれた静かな森に、子どもたちの歓声が響いていました。
おいしい、お弁当をいただき、ドングリもたくさん拾って、大満足のようでした。

2022-11-29
敬老の日 ハガキを書いたよ

今年の夏休みには、久しぶりにお孫さんと肌で触れ合えた、おじいさま、おばあさまもいらっしゃるのではないでしょうか。
子どもたちは「おじいちゃんのひざの上にのって 
いっぱい はなした」「ばあばに あうから おしゃれしていった」「かえるときに 歯がぬけて、大さわぎになった」「いとこがイケメンになってた」次々に遊びに行った時の話を嬉しそうにしていました。
大好きな、おじいさま、おばあさまに今度は敬老の日にむけ、おハガキを届けることになりました。心を込めて絵をかいたり、貼ったり、覚えたてのひらがなを一文字ずつ丁寧にかいたりと、この時にしかできない可愛らしいハガキを作成しました。

2022-09-19
敬老の日 ハガキを書いたよ

そして、向島駅にあるポストへ投函する日です。なんと、向島派出所のおまわりさんに見守っていただいていたのです。
自分のハガキをポストの口へ入れる時、「ちゃんと、とどきますように!」「うわぁ~なんか はなすのいややなあ」等、思いを口にしながら大事そうに入れていました。
勿論、行き来の道路でのマナーや横断歩道でも信号をきちんと守り、安全確認をし、
渡る体験もしました。ほんの短い距離ですが、全員、無事に帰園でき、ほっと胸をなでおろしました。
今頃、お孫さんから届いたおハガキを見て目を細めていらっしゃるかしら…

2022-09-19
重陽の節句と中秋の名月

9月9日は「重陽の節句」菊の節句とも言われ、♪赤・白・黄色 きれいに咲いた~♪と、菊の花を楽しむ日だそうです。
皆さんのご家族の無病息災・子孫繁栄・不老長寿を祈って、厨房では、こんなステキな演出が…
そして、10日は「中秋の名月」今年は満月と重なりました。
子どもたちからも「まんまるやった」「お母さんと見た」と報告がありました。収穫月・ハーベストムーンとも言うようです。
一年の中で一番美しく見えるころ。まだ、これから少しずつ欠けていく、お月さまも楽しめそうです。

2022-09-19
すいかわり

皆さん、今年の夏は、もうスイカを食べましたか?
すいかわりの日、いい香りを嗅ぎつけてカブトムシさんたちが飛んでこないかしらと思うほど、幼稚園が甘い香りに包まれました。
幸い雨の止み間で、セミの大合唱に負けないくらいの「ま~え ま~え、み~ぎ み~ぎ ストップ」と子どもたちの音頭を取る声が高らかに響きました。
カラー帽子のタレを目かくし代わりに使うアイデア、誰が考えたのでしょう。ちょっと見えるのでは?と思いきや、真面目な子どもたちです。目もしっかりつむっているのです。さすが年長組です。

2022-07-27
すいかわり

スイカビーチボールで楽しんだ年中・年少・2歳児組は、皆のウキウキと同じくらい棒が当たると、ボールも弾みます。ちょっと目かくしの隙間から、チラッと確認する要領のいい子は、「あっ今見てた!」と言われ、あわてて目をギュッとしていました。
ご安心ください。小さい組の子どもたちも本物のスイカを口のまわりをビショビショにして食べましたよ!

2022-07-27
和太鼓響く盆踊り

夏の風物詩、盆おどり。年長児の迫力ある和太鼓に合わせ「月夜のポンチャラリン」と「スマイル音頭」を楽しんでいます。赤い法被に豆絞り、バチを持ち構えるゆり組の子どもたちは、とっても凛々しいです。
踊る時には小さい組さんを間に入れ、リードをする優しい年長児です。

2022-07-08
七夕まつり

7月のお誕生日会の司会はひこ星さんでした。
ひこ星さんからのクイズは、科学的なトマトクイズ。幼稚園でみんなで育てているトマトの観察が活かされ、楽しく考えるひとときが持てました。
さて、天候に恵まれた七夕とは言え、皆さまの所から天の川は見えたでしょうか。6月から作り始めた笹飾り、紙を折ったり丸めたり、ハサミで切ったり、のりで貼ったりつないだりと、色とりどりのものが出来上りました。短冊の願い事の文字は先生に書いてもらったり、年長児は自分で心を込めて書いたりしました。持ち帰った笹にお家の方と一緒に飾りつけたことや、東の空を見てみたけどちょっと曇っていたこと、ひとつ輝いていた星を見つけたこと等、聞かせてもらいました。
天の川が、私たちの目にはっきり見えなくても織女(ベガ)・牽牛(アルタイル)の二人はきっと逢えたと思います。
どうぞ、子どもたちのお願いごとが叶いますように!

2022-07-08
もうすぐこどもの日

5月、大型連休に入るとこどもの日があります。5月5日のこどもの日は端午の節句でもあります。子どもたちみんなが、すくすくと元気に育ちますようにとお祝いをする日ですね。子どもの健やかな成長や幸せを祈るだけではなく、お母さんに感謝するという意味もあるそうです。

2022-05-02
もうすぐこどもの日

五色の吹流しも、子どもの無事な成長を願って悪いものを追い払う。かぶとも、身を守る等、それぞれ深い意味があるとのこと。
幼稚園では、真鯉・緋鯉・子鯉をあげ、園庭で遊ぶ子どもたちを見守ってくれていたのですが・・・今日は、初あげ式。年長児が進級して初の共同作業をし作り上げた大きなこいをあげました。

2022-05-02
もうすぐこどもの日

小さい組お友だちも高くあがり、泳ぎ始める鯉に歓声をあげたり、一緒に「こいのぼり」を歌いました。子どもたちみんなが健やかに、幸せに♡

もも組も、元気なこいのぼりつくったよ!

2022-05-02
ひなまつり会

桃の節句にと、各クラスでは次々と手作りひな人形が出来上ってきました。子どもたちの手が入ったものはいつも愛らしく、きっとお家でも飾りながら♪あかりをつけましょぼんぼりに~♪と、口ずさんでいたのではと想像しています。
ひなまつり会では、スクリーンに大きく映しだされた紙芝居に見入り、ひしもちや桃の花を飾る理由などを改めて教えてもらった子どもたち。お昼には色鮮やかな行事食を味わって食べていました。

2022-03-22
鬼がきた~

お面作りを始めた頃から、「豆まきこわい~」「鬼さんほんまにくる?」と、節分行事だけは楽しみに待てず、ドキドキしているようです。
前日、広告を丸めた豆で、豆まきごっこをしている時はニコニコ笑顔だったのですが・・・。
いざ、2月3日 豆まき当日なると、園庭で遊んでいた子どもたちが2階の窓から鬼がのぞいているのを見つけ、ささ~っとお部屋に戻っていきました。その早さといったら・・・思わず笑ってしまいました。

2022-02-04
鬼がきた~

さあ、太鼓が鳴り始め、「ここが向島幼稚園か~ わがままな子がいると聞いてやってきた!」と、子どもたちのお部屋に次々と入って行きました。
まいた豆がパラパラと音を立て、泣き声や「鬼は外」と勇敢な声も聞こえてきました。

2022-02-04
鬼がきた~

太陽の光がさす園庭では、全員で最後の追い出しにかかります。
福の神さまも優雅に福を授けてくださいました。お部屋もウッドデッキも園庭も、豆だらけになりました。
心の鬼退治もでき、いよいよ立春。チューリップの芽も伸びてきました。2月もみんな元気で穏やかに過ごせますように!

2022-02-04
クリスマス会

大きな袋にプレゼントと夢を詰め込んで、サンタさんが幼稚園に来てくださいました。
ホールに集まった小さい組の子どもたちを囲み、年長児によるキャンドルサービスから始まったクリスマス会。『きよしこのよる』のハミングは幻想的で、年長児の手に持つろうそくの灯が次々に広がっていき輪になると、何ともあたたかい気持ちになるものです。

2021-12-21
クリスマス会

とても陽気なサンタさんは、相棒だというトナカイさんを見つけると安心したのか、日本語が話せるスペシャルなマイクを手にし、饒舌に語り始めました。
サンタさんに教えてほしいことがあると、年長児が質問するとさすがサンタさんです。子どもたちに分かりやすく答えてくださいました。

2021-12-21
クリスマス会

各クラスのプレゼントもいただき、喜んで保育室に戻った子どもたちには、まだまだエピソードが続きます。自分たちの手作りバックにもサンタさんは、一人ひとりのプレゼントを入れておいてくださり、見つけるや否や目をクリクリさせていました。
サンタさんに『あわてんぼうのサンタクロース』を歌ってあげたとき、「音楽会のうたもきいていたよ!」と言っていたサンタさんに届くように「ありがとう」と空高く響かせていました。

2021-12-21
ハロウィンパーティー

「Trick or treat」いたずらをする真似をしながら、お菓子をもらいにぞろぞろ入ってきました。
ハロウィンが近づくと毎年恒例になっています。
キャンディーが足りなくなってあたふたしていると、一緒にキャンディーづくりまで始まり、賑やかになります。いつの間にか、あちらこちらで友だち同士で手作りキャンディーのとりかえっこ。
このような日々が繰り返されます。

2021-11-15
ハロウィンパーティー

この日は、園のハロウィンパーティーの日。バス添乗の先生もいつもとは違います。独創的なカボチャおばけが、朝バス到着と共に降りてくるとびっくりする子もいたようです。園の玄関でも仮装した先生たちが次から次へとお出迎え。

2021-11-15
ハロウィンパーティー

ホールでのパーティーでは、英語の先生と一緒にダンス&ジャンケンゲームをし、本当のお菓子をゲットしていました。

2021-11-15
ハロウィンパーティー

子どもたちも手作りのものを身につけたり、仮装してなりきりマンの笑顔がいっぱいでした。

2021-11-15
夏の風物詩

近畿地方の梅雨明けと共に、暑い夏がやってきました。
京都は湿度も高く、とてもむし暑い夏になりますから、向島幼稚園の子どもたちによる夏の風物詩をお届けします。少しでも皆さまが笑顔になれますように。

2021-07-27
夏の風物詩

きっと、子どもたちのパワーを受けとめ、笑顔でご覧くださったことでしょう。
私たちのが、良いと知った習慣はこれからも続け、健康を守っていきたいですね。
保護者専用ページにも写真を載せました

2021-07-27
夏だ!プールだ!気持ちいい!

嬉々として戯れる子どもたちを見ていると、自然と笑顔になるものですね。ずっと見続けていられます。
小さい頃は水着の型が残るくらい真っ黒になるまで遊んだなぁ~などと思い出し笑いをしながら・・・。

2021-07-08
夏だ!プールだ!気持ちいい!

キラキラの暑い日は、プールあそびや水でっぽうにシャボン玉。
ちょっぴり曇りの日は、水迷路や色水あそび。夏ってお水が気持ちいいですね。
小さい組さんはお昼寝タイムも取り入れているようです。エネルギッシュに水あそびしたあとは、子どもたちも疲れ気味です。でもすぐに体力復活で「また明日もプールある?」と元気に帰っていきます。
※保護者専用ページにも写真を載せています

2021-07-08
七夕さま

心をこめて手作りした笹飾りと笹を持ち帰りました。
きっと各家の玄関先には、子どもたちのお願い事がかかれた短冊など色鮮やかに揺れていることと思います。

2021-07-08
七夕さま

7月7日には『七夕ものがたり』の劇を先生たちが演じ、織姫様や彦星様のこと、又夜空のことなどにより関心を持ったのではないでしょうか。
「おともだちとなかよくなれますように」
「みんながコロナウイルスにかかりませんように」
「おおきくなったらおとうさんといっしょにおしごとしたい」
「さかあがりができるようになりますように」
・・・

子どもたち一人ひとりの願い事がどうぞ叶いますように。

2021-07-08
和のこころ

ドンドコドン!格好いい年長児が和太鼓を響かせ、盆踊りの始まりです。園庭では輪になった大勢の子どもたちが、チョチョンガチョンと和のリズムに合わせます。
宮太鼓に樽に竹・チャンチキが鳴るとついついお祭り気分になります。和のこころが騒いだり・・・落ち着いたり・・・やっぱりいいものです。

2021-07-06
お父さんだいすき

大きくて包容力あふれるお父さん。
子どもたちの描いた似顔絵と、顔をくしゅくしゅとした笑顔のお父さん。あっ、似ている…。

2021-06-23
このページのトップへ